神院会会則

  • 第1章 総 則

第1条(名称)

この会の名称を「神院会」(以下本会と称す)とする。

 

第2条(目的)

本会は、本会の会員(以下会員と称す。)間の親睦を高め、母校の発展、会員相互業界の活性化を図る。また会員が誠実かつ公正な業務の遂行に努め、世益に資する事を目的とする。

 

第3条(事務局)

本会の事務局は「神戸市中央区栄町通4丁目2番13号 和田興産株式会社」に置く。

 

 

  • 第2章 会 員

第4条(会員資格)

①会員の入会資格を、神戸学院大学・大学院卒業生とする。

②会員資格については、業種を限らず、公序良俗に反する業種以外とし、また男女不問とする。

 

第5条(入会)

入会を希望するものは、会員の紹介が必要であるものとし、紹介会員を通じて会長に

その旨を報告しなければならない。役員会において過半数の賛成をもって入会を承認し、その結果を入会者及び、推薦者に会長より通知する。

 

第6条(休会)

会員が転勤、海外出張、疾病その他やもえぬ理由により、半年以上の長期期間、会合に出席不可能な場合、会長に申し出ることによって休会することができる。

 

第7条(退会)

①会員の退会は自由とし、会長に申し出ることとする。

②会員は次の各号のひとつに該当するときは、退会したものとみなす。

  • 定例会に年間を通じて、全欠席をしたとき。
  • 会費を滞納したとき。

 

第8条(除名)

会員が「神院会」の名誉を毀損し、また会員間の秩序を著しく乱した時は、定例会参加

会員の過半数の賛成により、これを除名することができる。

 

第9条(会費等の不返還)

退会または除名された会員が、既納の会費、その他会員としての義務に基づく金品は、

いかなる理由があってもの、返還しないものとする。

 

  • 第3章 役 員

第10条(役員の種類及び数)

本会は、次の役員を置く。

  • 会 長   1名 ② 副会長 4名 ③ 副会長補佐 4名 ④ 委員長 4名

⑤ 幹事長    4名 ⑥ 部会長 4名 ⑦ 監 事      2名 ⑧ 相談役 1名

⑨ 財務監査  1名  ⑩ 大学・同窓会支援  2名

 

第11条(役員の選出及び幹事の指名)

  • 本会の役員は、会員のうちから選任する。
  • 本会の会長は、役員の任期満了年の5月定例会総会(以下、総会という。)において、会員本人の立候補及び他会員から推薦された会員のうちから選任する。
  • 上記において、会長が選任されない場合、前年の会長の推薦により選任する。
  • 副会長、副会長補佐、委員長、幹事、部会長、監事、財務監査、大学・同窓会支援については、会長または相談役の指名により決定する。
  • 相談役は前年の会長が就任する。
  • 委員長、幹事、部長は、業務の遂行上必要なときは役員会の承認を受け、副委員長、副幹事、副部長を選任することができる。

 

第12条(役員の職務)

  • 役員は役員会を構成し本会則の定めるところにより神院会の業務の執行を決定する。
  • 会長は本会を代表し、会務を統括する。一年間の事業計画案、入退会員、訃報・吉報の受付、会員への連絡を行う。
  • 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、あらかじめ会長が示した順序により、その職務を代行する。
  • 委員長は担当委員会の行事選定、予算、会員への案内、進行及び担当役員への会計報告、出席者報告を統括する。
  • 幹事長は担当定例会の行事選定、予算、会員への案内、進行及び担当役員への会計報告、出席者報告を統括する。
  • 副会長補佐は副会長の業務である定例会・委員会・倶楽部の管掌、開催、運営に関する業務の補佐をする。
  • 部会長は担当倶楽部の行事選定、予算、会員への案内、進行及び担当役員への会計報告、出席者報告を統括する。
  • 書記は会長を補佐し、役員会、定例会での議事録を作成し役員又は会員へ報告をする。
  • 財務監査は本会の出納会計・通帳管理の指導及び監督を行う。定例会運営幹事からの会計報告及び年度ごとの総会にて収支報告の監査を行う。
  • 監事は本会の事業並びに会計、収支決算並びにその他すべての事業を監査する。
  • 大学・同窓会推進担当役は大学及び同窓会の行事選定、予算、会員への案内、進行及び担当役員への会計報告、出席者報告を行う。
  • 相談役は、本会の運営に関して恒久的な窓口を行う。

 

第13条(役員の任期)

  • 役員の任期は就任後2年限りとする。但し、幹事長並びに副会長補佐は1年限りの単年度とし、役職が入れ替わることとする。
  • 役員は、任期終了後も後任者の就任まで、引き続きその職務を行う。
  • 役員及び幹事に欠員を生じたときは、随時会長の指名により後任者を選任する。

 

第14条(役員の解任)

役員及び幹事に、本会にふさわしくない行為があった場合は、全会員の過半数の同

意をもって、解任することができる。

 

  • 第4章 総会及び定例会

第15条(構成及び開催)

  • 総会及び定例会は会員をもって構成する。
  • 総会は、5月に開催することを原則とする。
  • 定例会は、2月.8月.11月に開催することを原則とする。

 

第16条(機能)

総会は本規約に規定するもののほか、次の事項を決議する。

  • 1年間の事業計画の承認、予算及び決算の承認
  • 会費の決定
  • その他、この会の運営に関する重要事項の決定

 

第17条(招集)

  • 総会及び定例会は、その月の担当運営幹事が計画し、全会員を招集する。
  • 役員及び担当幹事は、担当定例会の2か月前に集まり担当定例会につき協議しなければならない。
  • 担当運営幹事は、総会及び定例会を開催する日時、場所及び内容等を文書又はメールにて、開催する日の20日前に全会員に通知しなければならない。

 

第18条(議長)

総会の議長は会長が指名し、定例会の議長、司会者は各担当幹事のリーダーが指名し行うものとする。

②議長、司会者欠席の場合、会長の指名により、司会者を定める。

 

第19条(議決)

定例会の議事は、本規約に特別の定めがある場合を除いては、出席会員の過半数の同意

をもって決議し、可否同数の場合は会長の決するところとする。

 

第20条(本会の解散)

本会は、会員数の著しい減少や本会運営上で著しい問題がある場合、全会員の3分の2

以上の同意により、解散する。

 

 

  • 第5章 細 則

第21条(細則)

①本会則に定めるもののほか、本会の業務を運営するために必要な事項は、役員会の決

議を経て定める。

②本会は全会員が参加し、協力しあい、何事でも発言できる会をめざすものである。

③本会は会員の役職・地位に関係なく年功序列を尊主し、年輩を敬い交流をはかる会をめざすものである。

 

第22条(慶弔一律金)

会員に冠婚葬祭が生じた場合、祝電、弔電を送付する。また、その他必要が生じた場合には会長の判断に委ねるものとする

 

第23条(会員名簿)

会員の勤務先等に変更があった場合、3ヶ月以内に会長に文書又はメールにて報告しなければならない。

 

第24条(会計)

①本会の収支は、会員の会費、補助金、寄付金並びにその他の収入をもって充てる。

②本会に所属する会員の年会費は3,000円とする。

③本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

④会費についての徴収は、5月の総会にて徴収する。なお、総会欠席者は、翌月6月中

に神院会の口座に振込むこととする。

 

 

  • 第6章 附 則

職務分掌

【副会長の職務】

  • 定例会・委員会・倶楽部の管掌、開催、運営に関する業務
  • 役員会への参加

 

【総務委員会】

  • 総会・役員会・委員長会の開催・運営に関する業務並びに連絡調整
  • メーリングリストの作成
  • 名簿の作成並びに新規会員・休会等による変更
  • ホームページ・フェイスブックの更新
  • 基本資料、会員名簿及び関連資料の作成管理に関する業務

 

【広報委員会】

  • 神院会の全ての活動写真をとりホームページ・フェイスブックにUPする業務
  • 各定例会の運営メンバーへのインタビュー並びにホームページにUPする業務
  • 神院会の広報に関する研究
  • 組織の根幹である会員を増やすことを目的とした業務

 

【渉外委員会】

  • 大学・同窓会及び他大学との交流・情報交換に関する業務

(各年1回:合同定例会・合同ゴルフ)

  • 会員相互のみならず家族を含む交流会・家族会の開催・設営・運営に関する業務

(各年1回:花見・バーべキュー大会・花火大会等)

  • 大学・同窓会連絡調整との連携並びに支援に関する業務
  • 各倶楽部との連携並びに支援に関する業務

 

【財務委員会】

  • 会費等の微収に関する業務
  • ホームページの維持管理に関する費用の微収に関する業務(広告:バナー)
  • 各事業に関する事業収支を審査する業務
  • コンプライアンスに関する業務
  • 神院会への支援・協賛企業募集に関する業務
  • 本会の出納会計・通帳管理を行う。定例会運営幹事からの会計報告及び年度ごとの総会にて収支報告を行う

 

役員会運営規定

 

【名   称】 神院会役員会(以下、役員長会とする。)

【構   成】 会長・相談役・副会長・各委員会・各幹事・各部長及び定例会担当運営幹事長によって構成する。

【目的と事業】 委員長会は、将来の神院会の課題を考え推進する会です。神院会の目的である1、会員間の親睦を高めること 2、 母校の発展 3、会員相互業界の活性化を図ることを念頭に置き、定例会や各委員会・倶楽部の活動に取り組んでいくことを目指します。

  • 神院会の今後についての活動指針
  • 定例会・各委員会・倶楽部についての活動指針
  • 神院会の活性化

 

【開 催 日】 総会・定例会の2ヶ月前

【規定の設定】 会の運営を円滑に行うため、神院会会則の規約に基づき、その他必要とする規定を当会の決議により設定します。

【規約の改廃】 この規約の改廃は役員会で行います。

【そ の 他】 この規定に定めのない事項及び解決については役員会が決定します。

 

この規約は、2017年5月22日より施行する。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネス部会運営規定(案)

 

【名   称】 神院会部会(以下、部会とする。)

【構   成】 会長・相談役・担当副会長・担当部会長及び

担当副会長・担当部会長の選出したメンバー数名で構成する。

【目的と事業】 部会は、神院会の目的である会員相互業界の活性化を図ることを念頭に

置きビジネスの推進に特化した会とする。

【開 催 日】 年4回

【規定の設定】 会の運営を円滑に行うため、神院会会則の規約に基づき、その他必要とする規定を当会の決議により設定します。

【規約の改廃】 この規約の改廃は役員会で行います。

【そ の 他】 この規定に定めのない事項及び解決については役員会が決定します。

 

 

この規約は、2017年5月22日より施行する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幹事長運営規定(案)

 

(幹事長の職務)

■ 役員会までに副会長と協議し、定例会幹事メンバーを招集し下記内容を協議

□ 定例会の趣旨

□ 定例会の事業内容

□ 定例会の日程・場所:時間

□ 定例会の予算

□ オブザーバー・他大学・大学関係者の参加の有無

□ ビジネスマッチングの企画・運営

□ 懇親会の企画・運営

 

■ 役員会にて具体的内容を提出し協議(意見:対応)

 

■ 当日の「タイムスケジュール」・「役割一覧」・「備品リスト」「会場図」の作成

□ オブザーバーの最終確認・依頼文面の送付(濱本さん武貞さんへ確認)

(大学関係者・他大学・新入会員)

□ 司会・受付・会計・広報写真・アテンド等の役割担当決定

□ プロジェクター・マイク等の備品

□ 領収書の手配(5月は会費分も)

 

■ 幹事会を開催し会員メンバーへメール(HP)にて配信

□ 2ヶ月前 (役員会にて日程決定後すぐ)

□ 1ヶ月前

□ 2週間前

□ 3日前

 

■ 役員各位へ(一人が一人)新入会員を動員してもらうよう依頼メール声かけ

 

■ 必ず電話連絡にて出欠確認(ホームページも使用)

 

■ 翌日:参加して頂いた会員へのお礼メール

 

■ 1週間以内:ホームページ・フェイスブックへ載せる定例会の原稿作成し

総務・広報委員会に送る